エースプロロゴ

コース案内

1. 医学英語発音リスニング本格完成コース

2. フラッシュ英語脳トレーニング

3. クリニカル英会話コース

4. 医学専門特化プレゼン準備コース

5. 医学プレゼンリスニング強化コース

6. 医学英単語発音専門コース

7. 即対応プレゼン準備コース

8. 面接シュミレーションプラクティス

9. 即対応プレゼン録画サービス

10. 論文ネイティブ医師チェック

メディカルドクターコース- Courses –

メディカルドクターコース目的

MD/MD-PhD研究者の/科学者の英語での国際会議運営・臨床・発表の成功支援
United States Medical Licensing Exam(USMLE)合格支援
目標(以下のアビリティを修得)

1.スピーチ・リスニングアビリティ

① 臨床(Clinical Settings)
・患者(Patient Interactions)
・看護師(Nurses)

② プレゼンテーション(Presentations)
・ポスタープレゼンテーション(Poster Presentations)
・学会発表(Conference Presentations)およびQ&Aセッション
・課題研究代表者(P.I.)との面接法(Principal Investigator(P.I) Interviews)
・研究所内でのグループおよびP.I.とのミーティング・コラボレーションスキル(Lab
Meetings & Collaborative Communication S研究論文・著作 (Research Papers, Book Chapters)
・P.I.へのラボ参加願書 (Lab Applications to P.I.`s)
・助成金願書 (Grant Applications)

本コース対象者

米国留学・米国医師免許・米国医学研究・国際舞台で研究発表を目的とする
医師/医学・製薬基礎研究者

講師紹介

講師あいさつ

メディカル英語コースに興味をお持ちいただきありがとうございます。
医師として日本で医学研究に携わっていると、多くの医療従事者が英語に悩んでいるのがよく分かります。
近年日本では、外国人人口が増加し、医師が外国人とのコミュニケーションに苦労している場面がしばしば見受けられますが、この問題は、臨床の場面だけでなく研究者も直面しています。
例えば、興味深い口頭発表や有益なディスカッションが成り立たない理由として、相互が十分に理解していないことが挙げられると思います。
このことについて、私は日本の医者や研究者がたくさんの優れたアイディアを持っていることを知っているので、非常に残念に思っています。
医学のような専門分野で使われる英語に堪能になることは容易ではないと理解していますが、医師としての私の経験が、このような問題を抱えている皆様の役に立つことを願っています。

ハンス・ジロー・ベッカーエースプロ医師英語講師

コルヌゲ大学医学部卒(ドイツ)(MD)
現東京大学医学部博士課程在学
英語・ドイツ語が母国語
日本語検定1級ドイツ人鉱山学者の父親と日本人の母親の間で、カナダで生まれました。その後、コルヌゲ大学医学部在学中に、1年ペンシルバニア大学に留学しました。英語・日本語・ドイツ語が喋れます。現在東京大学医学部の博士課程で、腫瘍の研究をしています。

 生徒の声

神経内科医 脳外科医 外科医 内科医 産婦人科医