エースプロロゴ

なぜ発音か/エースメソッドで英語の発音を習得すると、あなたの英語達成を10倍速

発音から英語を学ぶことでもっと時間を有効に使える
英語の学習効果は発音で10倍速

英語を発音から学習すれば、真に使える英語がものになると同時に、英語の学習時間を大幅に短縮できます。その分、違った分野の修練に費やすことが出来るのです。以下に、英語の学習効果は発音で10倍になる根拠をマクロ経済学のノーベル賞学者ロバート・ソロー教授(Robert M. Solow)の成長会計モデルを使って証明しました。

英語学習は、P発音・G文法・V語彙が3本柱です。

英語学習成果は
Y=P*2×G×V×f(P) ・・・・(1)   *NはN乗を表す。
で表されます。
また、G文法・V語彙は、それぞれ発音学習の影響を受けるので
G=G×P、V=V×P ・・(2)
と表されます。
f(P)は発音を高める要因※で、
f(P)=kP*14・・・・・・・・ (3)
で表されます。
よって、発音を含める英語学習の成果は
(1)に(2)、(3)を代入すると
Y=P*2×G×P×V×P×kP*14 ・・・・(a)
となります。
また、発音なしで英語を学習した際の成果は、
Y=GXP ・・・・(b)で表されます。
(b)を微分すると発音を学習しなかった場合の成長率は
△Y/Y=△G/G+△V/V・・・・(b’)
表され文法、語彙の成長率をそれぞれ1%とし(b’)に代入すると
総成長率△G/G1%+△V/V1%=△Y/Y2%・・・①
になります。つまり2%の学習成長率です。
発音ありの成長率の式は(a)を微分して,
△Y/Y=4△P/P+△G/G+△V/V+14△P/P・・・・(a’)
と表されます。
発音の学習成長率、文法、語彙をそれぞれ1%として(a’)に代入すると
総成長率4×1%+△G/G 1%+△V/V 1%+14×1%=△Y/Y 20%・・・②
という結果になり①の結果2%の10倍になります。

※発音を高める要因
(以下のうち、1~11まではエースの発音本格コースで行います。)
1. 開いた喉(舌根を下げ、喉頭蓋をあげ、声帯を第五頚椎にならべ、口蓋垂を上げて共鳴腔を広げる)
2. 横隔膜呼吸
3. 母音の共鳴スポット(声の収束部分)
4. 声のベクトル(声の進行方向)
5. 子音の調音
6. 音の連結
7. 英語のリズムとイントネーション
8. 英語の語末法則
9. 舌筋・口輪筋養成
10. 横隔膜を押し上げるインナーマッスルを養成
11. ネイティヴと話す。
12. 英語のテレビプログラム・映画聞き取り
13. 英文を読む
14. 英文を書く