有限会社エース

留学しても英語の発音はうまくなりません。発音は渋谷のエースプロのオリジナル発音矯正メソッドを使って、英会話をネイティヴ発音で出来るようになります。

お問合せ・ご相談へ

〒151-0066 東京都渋谷区西原3-36-11 オークハウスB棟

ブログ11 留学しても発音うまくなりません.

「英語圏に留学さえすれば英語力がアップする」英語ができない日本人の思い込みです。

 

これはエース講師Aさん(日本人、イギリス育ち)の話です。

 

Aさんが通っていたロンドンの経済政治科学専門の大学(LSE)には、日本の官僚や日本企業に勤める人が大学院に在籍していたそうです。Aさんが大学1年生の時、講義に前述の日本人大学院生が受講していました。1年の講義なのに・・と不思議に思っていると、後で講師が彼らは院のゼミの議論についていけないから、まずは内容が基礎的な学部生の講義で慣れてもらうと言っていたそうです。

 

もちろん学部生の講義を受けても英語が話せるようにはなりません。エースが常に発信しているように、発音の習得こそが英語力アップの基礎になるのですが、欧米の大学では、はじめから英語で学習や議論ができることが前提です。もちろん英語の発音なんて教えてくれません。発音の理論を習得していないと、講義やゼミの議論は聞き取れないし意見も通じません。そういう状況の日本人留学生がどうやって大学院を修了するかというと、1年間必死に文献を読んで、なんとか論文を書き上げるそうです。そんな環境では英語を話せるようにはなりません。

 

履歴書には「欧米の有名大学院卒」という箔がつきますが、いざ国際舞台で実践してみるとネイティヴと対等に仕事ができない。箔をつけるのにいくら費用がかかると思いますか?イギリスの大学院の修士課程(1年コース)の学費は年間1万ポンド(2015年11月のレートで185万円ほど)、物価の高いロンドンでの生活費は、年間最低でも1万ポンド。渡航費などの諸経費を入れると合計で年間約400万円の費用がかかります。ビジネススクールだと大学院の2倍の学費がかかる場合があります。400万円かけても英語が聞き取れないし話せないなんて、もったいないと思いませんか?

 

エースには、欧米の有名大学に留学経験がありながら、英語力に悩んで生徒になられる方たちがたくさんいます。英語力の基礎は発音の習得です。エースの「発音リスニング本格完成コース」と「フラッシュ英語脳トレーニング」(完全プライヴェイトレッスン)を合わせて250万以下。基礎なしで留学しても費用対効果は得られません。エースでは日本にいながら英語力向上を達成できます。まずはエースで発音から始めてみませんか?

 

語学留学しても話す相手はノンネイティヴ

 

イギリスやアメリカに行けば、ちゃんとした綺麗な発音のネイティヴ英語に触れる機会があると思いますよね?残念ながらそうではないケースがほとんどです。

 

欧米大学院への留学については以前触れましたが、今回は、もう少し手軽な英語圏の語学学校への留学の実態についてお話ししようと思います。

 

語学留学は時間とお金さえあれば気軽に行けるので、経験のある方は多いのではないでしょうか?欧米の大学院への留学準備として短期留学される方もいらっしゃいます。ただ、語学留学をして「ネイティヴに通じる英語が話せるようになった」とは聞いたことがありません。何故なんでしょうか?

 

その理由の一つに、綺麗な英語を話せるネイティヴと話す機会がほとんどないことにあります。

 

例えばロンドンに語学留学したとします。

 

語学学校では、まず知り合うのは同じクラスの生徒。もちろんネイティヴではありません。さらにロンドンの語学学校や大学が開催する語学スクールは日本人の割合が高く、どうしても日本語を話す機会が多くなってしまいます。

 

少し話が逸れますが、大学主催の英語のサマースクールに参加する人たちは、大学の寮に滞在することがあります。昔、エース講師のAさんが滞在していたロンドン大学の寮にも語学留学している日本人が何人かいたそうです。彼らは「日本人同士でも英語を話す」というルールを作っていたそうですが、彼らが話す英語は「アィ〜、ウェントトゥゥ〜、ザァ、シネマ、トゥデイ」というような、日本人のAさんでさえ一瞬何語なのか判別できない、発音もリズムも全く英語の要素がないジャパグリッシュだったそうです。できるだけ英語を話そうとする努力は素晴らしいですが、この方法では何年勉強しても英語力は付かないでしょう。

 

語学学校では、先生以外のネイティヴと話す機会はありませんが、日常生活ではどうでしょう。ロンドンの場合、スーパーなどの店員は移民の割合が高く、RP(Received Pronunciation, イギリスの標準発音)を話す人は皆無です。タクシーの運転手や公共交通機関の従業員はイギリス人でもコックニーなどの現地の訛りがある人が多いです。最近では高級ホテルやレストランの従業員もEU各国から働きに来ています。このように語学留学でRPスピーカーと話す機会は非常に少ないのです。

 

語学学校では、先生から時々文法の間違いを指摘されながら他の生徒とお喋りするような授業。日本によくある英会話教室とあまり変わりません。ネイティヴの発音をどう発し聞き取るのかなど教えてはくれません。そもそもお手本になるようなRPを話す人が身近にいません。どう考えても、これではネイティヴに通じるような英語を話せるようにはなりませんよね。

 

もちろん海外で生活すると向こうの文化に触れたり旅行したり楽しい時間を過ごせます。そのような経験が目的であればいいでしょう。ただ、英語力の向上が目的であれば、語学留学はお金と時間の無駄です。

 

エースでは、RPもしくはGA (General American, アメリカの標準発音)を話すネイティヴ講師と発音やイントネーションのルールを理論的に教える日本人講師のティームティーチングでネイティヴに通じる英語を指導します。日本にいながらネイティヴのエリートが話す英語を学べます。

 

エースの「発音リスニングスピーチ本格完成コース」は、確実に英語のスピーキングとリスニング力を向上できるコース内容になっています。日常業務で英語を使わなければならない方をはじめ、大学院やビジネススクールへの留学準備、海外駐在準備をされている方にもお勧めです。ぜひ一度ホームページのコース一覧をチェックしてみてください。日本語英語はネイティヴ発音に発音矯正できるのは渋谷のエースプロのオリジナル発音矯正メソッドだけです。

Versant(バーサント)

は、今、社員を海外に派遣する企業や、外資系企業が取り入れている、英語の能力試験です。テストは3種類あって、スピーキングとリスニングスキルの判定テストは、「発音と流暢さ」を判断基準の一部としております。よって、バーサントで高得点を取るには、発音の習得が不可欠です。また、リスニング力は自分の発音を拾うことですから、発音の習得が前提です。発音修得は、何が何であれ、渋谷のエースプロのオリジナル発音矯正メソッドを使った、Versant新形式対策発音リスニングスピーチ本格完成コースを受講してスコアアップを図ってください。

Versant新形式対策コース

Versant新形式対策
発音リスニングスピーチ本格完成コース

発音が出来なければ、リスニングは出来ない

英語の4技能の基本の発音を徹底習得

Versant新形式対策
フラッシュ英語脳トレーニング

文法とリスニング&スピーキング力を養成

VersantのSection Fを正しい文法で答える

発音コース

発音リスニングスピーチ本格完成コース

口の形や聞くだけでない、根底から体を変える発音指導を行います。

医師発音リスニングスピーチ本格完成コース

医学関係の文章や医師と患者間の会話に特化した発音指導を行います。

弁護士発音リスニングスピーチ本格完成コース

法務用語や弁護士とクライエントの会話に特化した発音指導を行います。

発音に続けるコース

リスニングスピーキング強化コース

現地ネイティヴのスーパーハイスピードのリスニング力を養成

フラッシュ英語脳トレーニング

大学受験で培った文法力を活性化しコミュニケーションにつなげる

国際会議プレゼンテーション準備

観衆を英語で魅了させるための発声・発音および原稿チェック

メディカルコース

国際学会プレゼンテーション準備

医師と患者のコミュニケーション

医師面接シュミレーションプラクティス

弁護士コース

国際会議プレゼンテーション準備

弁護士とクライエントの会話

TOLESコース

 

発音矯正をしてネイティヴ発音で英会話を指導するエースプロは、渋谷代々木上原駅から3分の住宅街にあります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。